パーマカルチャー関西
pckansai.exblog.jp

関西初のパーマカルチャースクールです
カテゴリ
全体
お知らせ
イベント
デザインコース
実習コース
美味しい勉強会
アーバン
体験講座
報告
淡河
1Day講座
コミュニティ
未分類
リンク
ライフログ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
特別セミナー 「WE CAN CHANGE!!」レポート
c0186542_0182482.jpg

連休最終日、大阪・谷町にて特別セミナー「WE CAN CHANGE!!」を開催。
日本におけるパーマカルチャーの第一人者として、
各地でさまざまな活動をされている設楽清和氏をお迎えし
〜新しい生き方へのアプローチ〜 をテーマにお話いただきました。

風に揺れる草屋根、木、岩など風景に溶けこんだ心地よい家。
廃材をうまく生かしてデザインした柵や庭。
自然素材で作られた家、モノもいつか土に還る—
少し前までは、日本でもあたり前だったことですね。
自然とうまく調和しながら心豊かに暮らすことにc0186542_0244532.jpg
感心を寄せる人も多くなりました。
映像にもあった美しい風景や人々の笑顔を通して、
また新たな自分の未来を想像された方も
多かったのではないでしょうか。

セミナー終了後、春の訪れを感じる
谷町空庭」の屋上を見学された方も。
花やハーブなどの緑や椅子がレイアウトされ、
都会の中で緑とともに暮らす、
よいモデルのひとつですね。

今回のセミナーが、新たな一歩を踏み出す
きっかけになれば嬉しいです。
ご参加ありがとうございました。
                                   〈ユウ〉
[PR]
by percul_kansai | 2009-03-22 22:00 | 報告
We can change!
事務局 吉田です。
先日、ご縁があって神戸市北区の農園を訪問しました。
その農園でも、いつかパーマカルチャーを取り入れたいと思っているそうです。
夏野菜の苗も育ち、私たちより一足早く野菜たちは春を感じていました。

               小麦が元気に育ってました
c0186542_2282487.jpg

                  夏野菜の苗たち
c0186542_2292711.jpg

以前は、パーマカルチャーの認知度も低いと思っていましたが、
最近多くの方が知っているのだと実感。期待もしています。
それは、説明会や講演もたくさんの方にお越しいたけるようになったこと。
先日のオーストラリア・ツアーレポートも立ち見がでるほどの満員御礼でした。
お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

3月22日、大阪・谷町空庭での設楽氏の講演がコース開始前の最終の講演となります。
パーマカルチャーって何?という方から、今年はどう活動しようか… と思っている方まで
ふるってご参加ください。定員まであと数名となりました。
お申し込みは percul_kansai@yahoo.co.jp まで

パーマカルチャーに追い風を感じる今日この頃。
皆さまにお会いできることを楽しみにしています。
[PR]
by percul_kansai | 2009-03-12 22:23 | お知らせ
「パーマカルチャー in オーストラリア」レポート
c0186542_165549.jpg

今年の1月23日〜2月1日、パーマカルチャー・センター・ジャパン主催で、
パーマカルチャー発祥の地・オーストラリアで研修旅行がありました。
クリスタルウォーターズやマレニーなどを訪れ、関西からも3名が参加。
現地で体験したことをみんなに伝えたい、との思いから
“ツアー・レポート2009”として報告会を開催しました。

パーマカルチャーのモデルとして注目のクリスタルウォーターやマレニーでは、
住民達の手で築いてきたコミュニティー、自然と調和しながら暮らす知恵を体感。
雨水タンクを輪切りにしたレイズベット、
ニワトリが自由に行き来できるチキントラクターなど
身近にあるものを利用して、美しくデザインされています。
世界遺産・フレーザー島で見た碧や赤に染まる湖、豊かな森が織りなす風景は、
先住民アボリジニが「カガリ(楽園)」と呼んだ神秘の島。
また、水の流れ・気の流れ・風の流れを考慮し設計された「ささやく樹」では、
デジャーデン由香理さんのお人柄と心地よい暮らし方に触れ
c0186542_048992.jpgそれぞれの心に新たな想いが芽生えたようです。
最終日、ロウソクの灯のもと
心づくしのディナーに太鼓&ダンスの披露。
「みんなも踊ろう」とのお誘いに一緒に踊りながら
出合った人々、大自然に思いを馳せつつ
オーストラリアの旅は終わりました。

自分達の目線で感じた8日間の旅。
きっと、その思いはまっすぐ一人一人の心に届いたことでしょう。
今回学んだことは、また関西らしいカタチで発信していければと思っています。
お忙しい中ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
                                   〈ユウ〉
[PR]
by percul_kansai | 2009-03-06 20:00 | 報告